赤ちゃんの水分補給にも安心なウォーターサーバー5選

2021年6月8日
Twitter
Facebook
Line
赤ちゃんの水分補給はもちろん、瞬時にお湯が使えミルクや離乳食つくりも便利なウォータサーバー。安全性・利便性、利用するメリット、ママパパ応援プランなどもご紹介します。

赤ちゃんがいる家庭は、日々のミルク作りや離乳食作りに苦労している人も多いのではないでしょうか。最近は子育て世帯向けに、安全性や利便性を追求したさまざまなウォーターサーバーが登場しています。

ここでは、子育て世帯に最適なサーバーの選び方やメーカー各社のママパパ応援プラン、サーバーを利用するメリットを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんがいる家庭が選ぶべきウォーターサーバーとは

赤ちゃんや小さな子どものいる家庭では下記の点に注意してウォーターサーバーを選んでください。

チャイルドロック

子どもの誤操作によるやけどやいたずらを防ぐために必要です。いまはどのウォーターサーバーにもついていますが、それぞれで仕組みや使い勝手は大きく異なります。

軟水

一般的にミルクづくりには硬度が100mg/L以下の軟水が適しているとされています。ミネラル分をほぼ除去したピュアウォーター(純水)を利用する人もめずらしくありません。

片手で給水

片手で給水できるサーバーならば、赤ちゃんを抱っこしたままでも水を使うことができるので、忙しい子育て世帯には特に便利です。

このほか「お湯の温度設定」や「水交換のしやすさ」「ママパパ向けプランの特典の有無」など、さまざまな比較ポイントがあります。

ミズラボ編集部で5つのウォーターサーバーをピックアップして上記の比較ポイントをまとめてみましたので、まずはこちらをチェックしてみてください。

サーバー
アクアクララ|AQUA FAB
プレミアムウォーター|cado×PREMIUM WATER
クリクラ|クリクラFit
アルピナウォーター|エコサーバー
フレシャス|Slat
チャイルドロック

温水のみ

冷水/温水
(背面ロックあり)

温水のみ
(冷水も取付可)

冷水/温水
(二重ロック)

冷水/温水/常温水
(操作ボタンが上部)
軟水

硬度
29.7mg/L

硬度
25mg/L~

硬度
30mg/L

硬度
1mg/L未満

硬度
24mg/L~
片手で給水
お湯の温度

80~90℃

83℃

80~90℃

80℃以上

70~75℃※4
水交換のしやすさ

上部設置

下部設置

上部設置

上部設置

下部設置
子育て特典の有無 ×
実質月額【24L】※1 3,688円※2 4,163円※3 3,380円~ 3,227円~ 5,189円~

※1 割引特典適用時の水24L+サーバーレンタル料。電気代除く

※2 子育てアクアプラン利用時、あんしんサポート料1,430円含む

※3 マムクラブの割引を適用した場合

※4 エコモード使用時の温水温度

赤ちゃんがいる家庭におすすめのウォーターサーバー5選

アクアクララ|AQUA FAB

実質月額【24L】
(水+サーバー)
4,238円~
(あんしんサポート料、2年割プラン)
月額レンタル料
1,430円(あんしんサポート料・2年割プラン)
1,650円(あんしんサポート料・通常プラン)
水の料金
(500ml換算)
59円~
月額電気代の目安 約800円~
サイズ 幅:28.6cm/奥行:35cm/高さ:132cm
重量 16kg(ボトルカバー含む)
カラー ホワイト/ブラック
ボトルのタイプ 回収ボトル(7L/12L)
ボトル位置 上部
設定温度
冷水:約5~12℃
温水:約80~90℃
タンク容量
冷水:3.3L
温水:1.8L
チャイルドロック あり(温水)
衛生機能 抗菌エアフィルター
省エネ機能 -
水の種類 RO水(ミネラル添加)
使いやすさ

ポイント

  • すっきりしたデザインながら収納可能なトレーなど使い勝手は良好
  • 水の注文ノルマがないので、家庭の消費ペースによって注文できる
  • 2年に1度のメンテナンスで衛生面も安心

アクアクララの「AQUA FAB(アクアファブ)」は、グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュでシンプルなデザインです。給水レバーは使いやすく、赤ちゃんがいても簡単に給水でき、受け皿(トレー)も収納できるタイプです。

トレーの写真

温水レバーにはチャイルドロックがついているのでやけどの心配もありません。チャイルドロックの解除はレバーを「回す→押す→回す」という作業なので、子どもには難しいのですが大人であれば簡単に解除でき、片手での給水も可能です。

アクアクララの水はピュアウォーターにミネラル成分をバランスよく付加した水なので、赤ちゃんのミルク作りに最適です。

ボトルは回収型なのでゴミが出ないのも魅力です。そして、サーバーは2年に一度のメンテナンスがあるので、衛生面でも安心です。

水は12Lと7Lのボトルが選べるので、あまり消費しない月は7Lを注文することもできます。7Lは軽量なので、楽に水の交換が可能です。

プレミアムウォーター|cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー

実質月額【24L】
(水+サーバー)
5,074円~(3年契約プラン)
4,163円~(プレミアムウォーターマムクラブ)
月額レンタル料
1,100円
(プレミアムウォーターマムクラブで最大550円割引)
水の料金
(500ml換算)
約83円~
月額電気代の目安 約670円~
サイズ 幅:30cm/奥行:38.6cm/高さ:116cm
重量 24kg
カラー ホワイト/ブラック/ボルドー
ボトルのタイプ 使い捨てボトル(12L)
ボトル位置 下部
設定温度
冷水:約8℃(弱冷水:約15℃)
温水:約83℃(再加熱:90℃)
タンク容量
冷水:3.0L
温水:2.0L
チャイルドロック
あり(冷水/温水)
背面ロック
衛生機能 加熱クリーンシステム
省エネ機能 あり
水の種類 天然水
使いやすさ

ポイント

  • タッチパネルなので、ワンタッチで操作できる
  • ランプで水の残量を教えてくれるので、一目で確認可能。
  • 「エコモード」「クリーンシステム」「弱冷水モード」「再加熱」と、さまざまな機能を搭載

プレミアムウォーターの「cado×PREMIUM WATER(カドー×プレミアムウォーター)ウォーターサーバー」は、デザイン性に優れた高機能のウォーターサーバーです。水の交換位置がサーバー下部なので重たい水を持ち上げる必要もなく、楽に交換ができます。

チャイルドロックスイッチは本体の背面にあるので、子どもの手が届きません。ロックの切り替えも簡単に行えます。ほかにも部屋が暗くなるとセンサーが感知し、温水の電源が自動的にオフになるエコモードを搭載しているので、使っていない間や就寝時の電気代が抑えられます。

味にこだわった天然水は、まろやかな口当たりで赤ちゃんでも安心して飲むことができます。

フレシャス|Slat

実質月額【24L】
(水+サーバー)
5,186円~
月額レンタル料
990円(初月無料)
(水3箱以上購入で次月0円)
水の料金
(500ml換算)
約87円~
月額電気代の目安 約380円~
サイズ 幅:29cm/奥行:35cm/高さ:111cm
重量 24kg
カラー マットホワイト/マットブラック
ボトルのタイプ 使い捨てボトル(9.3L)
ボトル位置 下部
設定温度
冷水:約4〜10℃
温水:約80〜85℃
エコモード:約70〜75℃、リヒートモード:約90℃
タンク容量
冷水:1.5L
温水:1.5L
チャイルドロック
あり(冷水/温水/常温水)
操作ボタンがサーバー上部
衛生機能 オートピュアキープシステム/フレッシュ機能
省エネ機能 あり
水の種類 天然水
使いやすさ

ポイント

  • 小さな子どもがいる家庭での使いやすさが考えられたデザイン。キッズデザインも受賞
  • エコ機能で電気代の削減とともに、調乳しやすい70~75℃に設定可能
  • 下部設置で水の交換も楽にできる

フレシャスの「Slat(スラット)」は、シンプルでおしゃれなデザインが目を引くウォーターサーバーです。キッズデザイン賞を受賞するなど、小さな子どもがいる家庭での使いやすさが考えられているサーバーです。

フレシャス(富士)の水は天然水特有のミネラルが含まれているので、ほのかに甘いのが特徴。硬度は24mg/Lと低く、赤ちゃんのミルク作りにはぴったりの軟水です。

使いやすさの面でも、トレーが広くボタン式で給水できるので、片手操作が楽にできます。忙しいときでもさっとお湯を出せるのがうれしいポイントです。水のボトルは9.3Lと他社の12Lボトルより軽量。交換位置もサーバー下部なので、楽に交換ができます。

また、チャイルドロックは冷水・温水についています。そのうえ、操作ボタンが子どもの手が届かない上部にあるので、安心して使用できます。

クリクラ|クリクラFit

実質月額【24L】
(水+サーバー)
3,380円~
(あんしんサポートパック含む)
月額レンタル料
0円
(別途あんしんサポートパック月額460円。初回金【通常:2,200円】【再加熱機能付き:4,400円】が必要。カバーありの場合それぞれ別途1,320円必要)
水の料金
(500ml換算)
約61円
月額電気代の目安 約1,000円~
サイズ
幅:24.5cm/奥行:38.3cm/高さ:98.7cm
(ボトルカバー、ボトル未装着時)
重量 約15kg(再加熱機能付き:約15.7kg)
カラー クールホワイト/ブルーブラック
ボトルのタイプ 回収ボトル(6L/12L)
ボトル位置 上部
設定温度
冷水:約4~10℃
温水:約80~90℃(再加熱機能付きは最大93℃)
タンク容量
冷水:2.3L
温水:2.0L
チャイルドロック
あり(温水)
冷水にも取付可
衛生機能 抗菌加工
省エネ機能 -
水の種類 RO水(ミネラル添加)
使いやすさ

ポイント

  • トレーが3段階の引き出し式になっているので、哺乳瓶だけでなく、お鍋やカップ麺なども置け、片手で給水可能
  • 水はミネラルをバランスよく添加したRO水なので赤ちゃんにも安心
  • 年に1度のメンテナンスがあるので衛生面も心配なし

クリクラの「クリクラFit(フィット)」は、スリムでシンプルな見た目が特徴のウォーターサーバーです。「通常タイプ」と「再加熱タイプ」から選べ、「再加熱タイプ」では最大93℃まで加できます。

温水コックにはチャイルドロックがついています。解除するときはレバーをサーバー側に押し込んでから上げます。少しコツがいるので小さな子どもにとって難しく、大人にとっては簡単な仕組みとなっています。

クリクラの水は不純物を徹底的にろ過した上でバランスよくミネラルを添加したRO水です。飲みやすく、赤ちゃんのミルク、離乳食、料理など幅広く活躍します。

年に1回メンテナンスがあるため、衛生面でも安心して使用できます。クリクラには12Lのほかに軽量の6Lのボトルもあるので、重いボトルは交換が大変という人は6Lのキュートボトルの利用がおすすめです。

アルピナウォーター|エコサーバー

実質月額【24L】
(水+サーバー)
3,227円~
月額レンタル料
959円(初月無料)
(提供エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城の一部)
水の料金
(500ml換算)
約47円~
月額電気代の目安 約580円~
サイズ
幅:31cm/奥行:33cm/高さ:125cm
(12Lボトルセット時)
重量 17kg
カラー ホワイト
ボトルのタイプ
使い捨てボトル(7.6L)
回収ボトル(12L/18.9L)
ボトル位置 上部
設定温度
冷水:約5~10℃
温水:約80~85℃
エコモード:約65~70℃
タンク容量
冷水:約0.7L
温水:約1.0L
チャイルドロック
あり(冷水/温水)
二重ロック
衛生機能 熱水循環(自動)
省エネ機能 あり
水の種類 RO水(ピュアウォーター)
使いやすさ

ポイント

  • 硬度1mg/L未満の超軟水
  • サーバーレンタル料は発生するが、水の料金が安価で注文ノルマもなし
  • 二重のチャイルドロックで安心

アルピナウォーターの「エコサーバー」は、白を基調としたシンプルでスリムなデザインです。二重のチャイルドロックがサーバー上部とカバー裏についています。サーバー上部はボタン式、カバー裏はスライド式なので、簡単かつ安全に使用できます。

アルピナウォーターの水は純度が高く、可能な限り不純物を取り除いたピュアウォーターが特徴です。硬度は1mg/L未満と、超軟水です。注文ノルマもないので、好きなときに無理なく注文できます。

エコモードにより、使っていない間の電気代を抑えられるのはうれしい機能ですが、ここで1つ注意点。赤ちゃんの粉ミルクは70℃以上のお湯で溶かす必要がありますが、エコサーバーのエコモード時の湯温は65℃~70℃。70℃を下回っている可能性あるので、ミルクの調乳時はエコモードの使用はやめましょう。

赤ちゃんの水分補給にも安心なウォーターサーバー選びのポイント

デザインやコストだけで選んで、実際に使ってみたら意外と使いにくく、別のサーバーの方が良かったかも…とならないよう、ポイントをしっかり押さえて比較しましょう。ここからは、赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭向けの選び方についてくわしく見ていきます。

1. チャイルドロック

子どもがだんだん大きくなり、ウォーターサーバーに手が届くようになると使ってみたくなったり、いたずらをしたりすることもあるでしょう。特に温水のレバーを触ったり、熱いお湯を出してしまったりと、やけどの心配もあります。

チャイルドロックはほとんどのサーバーについていますが、冷水・温水ともについているメーカーもあれば、温水のみというところもあります。チャイルドロックの位置もメーカーによって異なり、本体の背面にロックがついていたり、ワンタッチで簡単に操作できたり、ダブルロックのタイプもあります。

子どもがいる場合、チャイルドロックは必須になりますが、解除が大変だと片手で操作するのが難しくなることも。使い勝手はさまざまなので、自分の家族にあった使い方で最適なサーバーを選ぶために確認が大切です。

2. 軟水

ウォーターサーバーを選ぶ際に水のおいしさ、飲みやすさを重視する人も多いと思います。特に赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭は、日々のミルクや離乳食に必要になるのでお水選びは重要なポイントとなります。

赤ちゃんのミルクを作るのに適しているのは、ミネラルの少ない軟水です。ウォーターサーバーの多くは軟水なので、この点ではどのメーカーを選んでも問題ないでしょう。特に気になる人は、RO水(ピュアウォーター)を選ぶとより安心です。

3. 片手で操作ができるか

ミルクを作るときは赤ちゃんが泣いていたり、ぐずっていたりすることも多く、ミルクを作る少しの時間さえも大変です。そのため、赤ちゃんを抱っこしたまま操作ができるととても楽になります。

片手で簡単に水を出せる給水レバーや、ボタン1つで操作できるサーバーが最適です。今はトレーがついているタイプも多く、そのトレーも引き出しが可能なものや、ワイドなトレーもあるので哺乳瓶を安定して置くことができます。

4. ママパパ向けプランの特典

メーカーによって子育て世帯にうれしいお得なプランが用意されています。申し込み時に必要な書類もあり、対象となる家庭や特典を受けるための条件なども異なるので、申し込む前にしっかりと調べるようにしてください。

メーカー アクアクララ フレシャス プレミアムウォーター クリクラ
プラン 子育てアクアプラン ママパパプラン プレミアムマムクラブ クリクラママキャンペーン
特典 毎月550円引き
・ストローカップとハンドタオルのプレゼント
・毎年子どもの誕生月に水1箱プレゼント
・サーバーレンタル料
・水代の割引
・初期設置費用8,800円が無料
1本12Lのボトルを最大9本無料提供
対象となる家庭 妊産婦~6歳以下の未就学児がいる家庭 妊婦または未就学児がいる家庭 妊婦または5歳以下の子どもがいる家庭 妊婦または1歳未満の子どもがいる家庭

5. ミルクを作りやすい温度に設定できるか

ほとんどのサーバーはお茶やカップ麺など向けに80〜90℃前後の設定になっていますが、サーバーによってはミルクを作る際の適温である70〜75℃設定にできます。

※注意: 粉ミルクを溶かす際は、粉ミルクに混入している可能性のある雑菌を殺菌するために、必ず70℃以上のお湯を使用してください。赤ちゃんに飲ませるときは人肌(40℃)程度の温度まで冷ましてから飲ませてください。

70〜75℃に設定できるサーバーであれば、人肌程度まで冷ます時間を短くできるので、温度設定も比較検討にいれるといいでしょう。

6. 給水の位置

サーバーを選ぶポイントとして見落としがちなのが、給水の位置です。

給水の位置が低すぎると腰痛の原因になったり、赤ちゃんを抱っこしたまま給水する際に不安定になったりしがちです。できるだけかがまずに操作できる高い位置のサーバーがおすすめです。

7. 水の交換

子育て中は手や腰を痛めているママも多いでしょう。その中で重たいボトルを持ち上げたりすると、さらに悪化させてしまいかねません。ボトルの設置位置が下部にあるサーバーなら、水の交換が楽に行えます。設置位置が上部にあるタイプの場合は、軽量パックや、容量の少ないミニボトルを利用すると負担を少なくできます。

子育てにウォーターサーバーを使うメリット

ウォーターサーバーがあるととても便利で、特に子育て世帯は助かる面が大いにあります。ミルク作りにお湯を沸かすこともなければ、ペットボトルの重たい水を運ぶ必要もないので、ママやパパの精神的な負担や物理的な負担もかなり減らせるでしょう。

サーバーを導入したら、暮らしにどんなメリットがあるのか、うれしいポイントをご紹介します。

1. 夜中のミルクに便利

赤ちゃんの授乳時期は、夜中に何度も起こされてしまうもの。赤ちゃんが泣いていたら、すぐにでも準備しないと気持ちも焦ります。そんなとき、ウォーターサーバーがあればいつでも熱いお湯が使えるので、すぐにミルクを作ることができます。夜間だけでなく、昼間も手軽に作れるのでとても便利です。

2. 離乳食がさっと作れる

フリーズドライタイプの離乳食の場合、熱湯さえあればさっと作れます。手作りの離乳食でも、味が濃くなってしまった場合にウォーターサーバーの水で薄めることで、すぐにあげることが可能です。

忙しい朝、さっと済ませたい大人にはカップスープなどがすぐに飲めて便利です。

3. 片手で操作ができる

赤ちゃんや子どもが小さいうちは常に抱っこすることもあり、ミルクや離乳食を作る時間ですら一苦労です。トレー付タイプのサーバーを選べば、抱っこしたままミルクなどの準備ができるので助かります。

4. 水を購入する必要がなくなる

これまで水をまとめ買いしていたり、重たいペットボトルなど運んでいたりしていた人はウォーターサーバーを購入することによって、その手間がなくなります。水がなくなったときにわざわざ買いに行く必要もないので、時短にもなります。

5. 安全性の高い水を使える

天然水、RO水のどちらの場合でも、メーカー各社の厳しい検査基準が設けられているので、安心安全な水を飲むことができます。特にRO水は1000万分の1ミリという超微細孔のフィルターを通して、不純物を徹底的に除去。ミネラルや不純物をほとんど含まないため「純水(ピュアウォーター)」とも呼ばれ、赤ちゃんのミルクづくりにいいとされています。

赤ちゃんの水分補給にも安心、おすすめウォーターサーバー|比較表

サーバー名
アクアクララ
AQUA FAB
プレミアムウォーター
cado×PREMIUM WATER
フレシャス
Slat
アルピナウォーター
エコサーバー
実質月額【24L】
(水+サーバー)
4,238円~
(あんしんサポート料、2年割プラン)
5,074円~(3年契約プラン)
4,163円~(プレミアムウォーターマムクラブ)
5,186円~
3,227円~
月額電気代の目安 約800円~ 約670円~ 約380円~ 約580円~
カラー ホワイト/ブラック ホワイト/ブラック/ボルドー マットホワイト/マットブラック ホワイト
水の種類 RO水(ミネラル添加) 天然水 天然水 RO水(ピュアウォーター)
使いやすさ
公式

赤ちゃんの水分補給にも安心なウォータサーバーのまとめ

  • ウォーターサーバーを活用することでミルク作りや離乳食作りだけでなく、水を買う必要もなくなるなど、メリットは大きい
  • 選ぶ際は「軟水」「チャイルドロックの有無(仕組み)」「お湯の温度設定」「片手給水」「水の交換のしやすさ」がポイント
  • 割引やプレゼントなどの特典がある「ママパパ向けのプラン」を用意しているメーカーもある。特典の内容や申込条件は各社のサイトでチェック

※この記事は2020年10月時点の各社公式発表情報を元に作成しています。商品や金額が異なっている場合もございますのでご了承ください。