冬でも脱水症状になる!意外と危ない「かくれ脱水」のセルフチェック

2021年10月7日
Twitter
Facebook
Line
夏は暑くて汗をかきやすいので、脱水症状にならないよう水分補給を心がけたい季節です。でも実は、冬も気づかないうちに脱水症状になるリスクが。冬に起こる「かくれ脱水」の原因や症状、予防法をご紹介します。

脱水症状とは?

人間の体の半分以上は水とミネラルでできています。脱水症状とは、体内の水分が失われ、体調不良や深刻な症状が起きることです。

水分は汗や尿として排出されていきますが、ほかにも皮膚や粘膜、呼吸によっても失われていきます。これらは「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」と呼ばれるもの。普通に生活をしているだけでも、意識しないうちに水分は失われているのです。

体内の水分が不足すると、一般的にはのどの渇きやだるさといった自覚症状が出ます。しかし冬に多くみられる「かくれ脱水」は、自覚症状を感じにくいので要注意です。

脱水症状の重症度をはかる基準は体重の減少率です。脱水症状があって体重が約1~2%減っている場合は軽度、約3~9%の減少なら中度、10%を超える減少なら重度の脱水症状とされます。

なぜ?冬に脱水症状が起こる理由

成人の場合、1日あたり約0.9リットルの水分が不感蒸泄で失われるといわれています。不感蒸泄は年間を通じて起こりますが、空気が乾燥しやすい冬は特に、皮膚や粘膜、呼気から多くの水分を奪われやすいのです。人間の体にやさしい湿度は50%程度ですが、冬の室内は湿度50%を下回るケースもめずしくありません。

現代的な住居は機密性が高いため湿度が調整されず、ふすまなどで隙間ができやすい伝統的な日本家屋よりも乾燥しやすい傾向があります。さらに、エアコンやヒーターなど暖房器具の使用によっても室内の湿度が下がります。マンションなど機密性の高い住宅は外気温との温度差による結露を予防するために加湿器の使用を控える場合があることも、室内が乾燥しやすい原因のひとつです。

また、冬は気温が低く夏ほど大量の汗をかかないため、のどの渇きを意識しにくく、水分補給を忘れがちになります。くわえて、冬には下痢や嘔吐、発熱を引き起こす感染症にかかりやすいことも、脱水症状になるリスクが高くなる原因です。

これって脱水症状?セルフチェック

脱水状態になると、重症度に応じて、以下のような症状がみられます。

【軽症】
・のどの渇き
・いつもより汗をかく
・皮膚、唇の乾燥や口内の粘り気
・食欲不振
・頭痛
・めまいや立ちくらみ
・倦怠感や体のだるさ
【中等症】
・吐き気
・無気力や気分の不安定
・皮膚の弾力がなくなる
【重症】
・微熱
・筋肉のけいれん
・意識障害
・頻脈
・血圧低下

脱水症状が重症化すると命にかかわるケースもあるため、できるだけ初期のサインで発見し、対策をとることが大切です。上の症状を基準に、セルフチェックをしてみましょう。かくれ脱水のセルフチェックは「カサ・ネバ・ダル・フラ」の4項目です。

【かくれ脱水のセルフチェック】
カサ:手などの肌が乾燥してカサカサする
ネバ:口内が渇いてねばねばする、唾液が減っており食べ物を飲み込みにくい
ダル:だるい、体のだるさや倦怠感
フラ:ふらつく、めまいや立ちくらみがする

冬場はこの「カサ・ネバ・ダル・フラ」を意識して、水分補給を心がけましょう。

子どもと高齢者は特に注意!

子どもや高齢者は健康な成人よりも脱水症状になりやすいといわれています。

子どもは体に占める体液の割合が0~1才で約85%、5~14才で約75%と大人よりも高いため、多くの水分を必要とします。

特に、小さな子どもは新陳代謝が活発で、大人よりも汗をかきます。腎機能が十分に発達しておらず、水分の出入りが頻繁なことや体温調節機能の未成熟により、脱水症状を起こしやすい点にも注意が必要です。

唇や肌がカサカサしているときや泣いても涙が出ていないときは、かくれ脱水かもしれません。嘔吐や下痢がある場合も脱水症状にならないように対策が必要です。

また、高齢者はのどが渇いていることを自覚しづらく、水分補給が不足しやすいといわれています。食事量や食事どきに飲む水の量も成人と比べて少ない傾向があるので、のどが渇いたと感じていなくてもこまめに水を飲むように、家族が声をかけてあげましょう。

ものを飲み込む嚥下(えんげ)機能が低下している場合は、ゼリータイプの経口補水液が役に立ちます。

冬の脱水症状にならないための対策

冬は夏よりものどの渇きを自覚しにくいため、意識的に脱水症状の予防をすることが大切です。脱水症状を防ぐためにできる4つの対策を以下で紹介します。

こまめに水分補給をする

汗をあまりかかない冬でも、成人が1日に失う水分は不感蒸泄を入れて約2.5リットルといわれています。食事から摂取できる水分は1日あたり約1.3リットルといわれているため、残りの約1.2リットルの水を飲むように心がけましょう。朝起きたとき、入浴の前後、寝る前などに水分補給をする習慣づくりが大切です。

ちなみに、アルコールには利尿作用があるため飲んでもすぐに排出されてしまい、水分補給には向きません。また、カフェインを含む飲み物には睡眠の質を下げる作用がるため、水分補給の目的で飲むなら水や白湯がよいでしょう。

経口補水液を飲む

下痢や嘔吐、発熱をともなう病気の場合、水分だけでなくナトリウムやカリウムなどのミネラルも失われます。

その場合は水だけを飲むよりも、経口補水液で水分とミネラル(電解質)を補給するほうがよいでしょう。水よりも経口補水液のほうが速やかに吸収されるため、脱水症状になってしまったときにもおすすめです。スポーツドリンクより糖分が少ない点も経口補水液のメリットといえます。

経口補水液はドラッグストアなどで入手が可能ですが、自宅にあるもので手軽に作ることもできます。

水1リットルに対し砂糖40g(大さじ4.5杯)と塩3g(小さじ0.5杯)を入れてかき混ぜれば完成です。レモン汁を適量入れると飲みやすくなり、クエン酸やカリウムもとれます。

手作りの経口補水液は日持ちしないので、翌日に持ち越さないようにしましょう。また、飲み過ぎは糖分と塩分の過剰摂取につながるため、成人は1日500ml~1リットルの摂取を目安にしてください。

部屋の乾燥を防ぐ

暖房を使用する冬の室内は屋外よりも乾燥しやすい傾向があります。温湿度計を設置して室内の温湿度をこまめにチェックし、湿度を50~60%程度に保つように心がけましょう。部屋の湿度を上げることによって皮膚や粘膜から失われる水分量の減少が期待できるため、脱水症状の予防になります。

また、部屋の灯りによっても乾燥のしやすさが異なります。照明を発熱量が少ないLEDにすると、部屋の乾燥を防止できます。さらに、湿度が低いときは洗濯物や濡らしたタオルなどを部屋干ししたり、加湿器を使ったりすると乾燥を防止できます。

子どもや高齢者に水分補給を促す

子どもや高齢者は成人よりも脱水症状になりやすいため、水分補給をするように周りの家族が目を配ってあげましょう。小さい子どもは、のどが渇いても自分で水分補給をできないことがあります。

また、高齢者はのどの渇きを自覚しにくいうえ、足腰が弱い人の場合、水分補給のためにキッチンに行くのがおっくうに感じているかもしれません。子どもや高齢者に対しては家族から、適度な水分補給を促してあげましょう。

自宅にウォーターサーバーがあれば水分が摂りやすい

適度な水分補給は脱水症状の予防として最も大切です。といっても、水分ならなんでもいいわけではありません。ペットボトルのジュースやお茶などは手軽に飲めますが、糖分やカフェインの過剰摂取になる恐れがあり、体への悪影響が心配です。水分補給には、1時間に1杯程度を目安として水や白湯を少しずつ飲むのがよいでしょう。

自宅にウォーターサーバーがあれば安全でおいしい水をいつでも飲めるため、手軽に水分補給ができます。ウォーターサーバーの水には大きく分けて天然水とRO(アールオー)水があり、天然水には自然のミネラルが含まれていることが多いです。RO水でも水の不純物をろ過したあとにミネラルを添加した「デザインウォーター」がありますので、ミネラルが含まれているウォーターサーバーを選べば、水分だけでなくミネラルの補給ができます。

水分補給がしやすいウォーターサーバー4選

冬の脱水症状を予防するためにおすすめのウォーターサーバーとして、「ウォータースタンド」「プレミアムウォーター」「フレシャス」「アクアクララ」を紹介します。

ウォータースタンド

実質月額【24L】
(水+サーバー)
約2,206円~(小数点以下四捨五入)
実質月額【48L】
(水+サーバー)
約2,212円~
月額電気代の目安
0円~
(ナノシリーズ メイトの場合)
月額レンタル料 2,200~8,250円
水の料金
(500ml換算)
約0.1円(水道料金)
水の種類 水道水(浄水/RO水)
ボトルのタイプ
-
-
デザイン
使いやすさ

ポイント

  • 定額できれいな水を好きなだけ使える
  • 水道直結型なのでボトル交換の必要がない
  • ボトルのストックを置くスペースも不要

ウォータースタンドなら自宅の水道にウォーターサーバーを直接つなぎ、その場で浄水を作ることができます。定額で水が使い放題なので、毎日の水分補給にもおすすめです。

ウォーターサーバーの機種によっては冷水・温水・常温水をすぐ出せるものがあり、お米のとぎ汁や料理にも活用できます。水のボトルがないため、ストックを置いたり空きボトルを処理したりする手間がかからないのもうれしいポイントです。

  • 使い放題なので料理はもちろん野菜を洗うときにも使えるし、味もおいしいです
  • 冷水とお湯と常温が選べるので、お茶やカップ麺を作るのにも便利です
  • 定期的にメンテナンスしてもらえるので安心して使えます

プレミアムウォーター

実質月額【24L】
(水+サーバー)
3,974円~
(3年契約プラン)
実質月額【48L】
(水+サーバー)
7,948円~
(3年契約プラン)
月額電気代の目安
約500円~
(スリムサーバーIII ロングタイプの場合)
月額レンタル料 0~1,100円
水の料金
(500ml換算)
約83円~
水の種類 天然水
ボトルのタイプ 使い捨てボトル(7L/12L)
デザイン
使いやすさ

ポイント

  • 地下水脈から汲み上げた天然水を4段階以上のフィルターでろ過
  • 赤ちゃんのミルク作りに適した軟水
  • ワンウェイボトル式で衛生的に使え、ボトル回収の手間がない

プレミアムウォーターは富士山麓などの名水地から採水された天然水を提供するウォーターサーバーです。原水に含まれるミネラルを残し、「生」のおいしさを届けるため、加熱処理を行っていないのが特徴。天然水本来のまろやかな口当たりを楽しめます。

また、軟水のため、消化器官が未発達な赤ちゃんのミルク作りにも最適。飲んだ分だけ収縮するクラッシュボトルなので、空きボトルが場所を取りません。

  • お湯がすぐ出るので、赤ちゃんのミルクを人肌の温度にするのも簡単です
  • 配送日をアプリで指定できて便利。サーバーはおしゃれでインテリアに合います
  • のどが渇いたときに冷たい水がすぐ飲めます。子どもも自分で水を飲んでいます

フレシャス

実質月額【24L】
(水+サーバー)
4,158円~
実質月額【48L】
(水+サーバー)
8,313円~
月額電気代の目安
約330円~
(dewoの場合)
月額レンタル料 0~1,320円
水の料金
(500ml換算)
約87円~
水の種類 天然水
ボトルのタイプ
使い捨てパック(4.7L/7.2L)
使い捨てボトル(9.3L)
デザイン
使いやすさ

ポイント

  • 「富士」「朝霧高原」「木曽」の3種類の天然水から選べる
  • 軽量の7.2リットルパックもあり、女性でも簡単に交換できる
  • ウォーターパックは小さく畳んで捨てられるので手間がかからない

フレシャスは「フレシャス富士」「フレシャス朝霧高原」「フレシャス木曽」の3種類の天然水から水を選べるウォーターサーバーです。採水地ごとに含まれているミネラルのバランスが異なるため、「まろやか」「すっきり」など、水によって味の違いを楽しめます(使用するサーバーにより選べる採水地は異なります)。

ウォーターサーバーには床置き型と卓上型があり、豊富なラインナップから機種を選ぶことができます。水の容器には小さく畳めるウォーターパックと軽量ボトルを採用しているため、重いボトルの交換で苦労することはありません。

  • 水がまろやかで、とてもおいしく感じます。熱いお湯もすぐに出せて便利!
  • グッドデザイン賞を受賞しているだけあっておしゃれ。スタイリッシュで気に入っています
  • 赤ちゃんのミルクを作る手間がかなり軽減され、時短になりました

アクアクララ

実質月額【24L】
(水+サーバー)
3,908円~
(あんしんサポート料含む)
実質月額【48L】
(水+サーバー)
6,716円~
(あんしんサポート料含む)
月額電気代の目安
約475円~
(AQUA WITHの場合)
月額レンタル料
1,100~3,300円
(あんしんサポート料)
水の料金
(500ml換算)
59円~
水の種類 RO水(ミネラル添加)
ボトルのタイプ 回収ボトル(7L/12L)
デザイン
使いやすさ

ポイント

  • 3段階のフィルターでろ過した安全性の高いRO水
  • 4種類のミネラルをバランス良く添加しているので、水分とともにミネラルも摂れる
  • 赤ちゃんのミルクやペットの飲み水にも適した29.7mg/Lの軟水

アクアクララのRO水は、適度なバランスで4種類のミネラル(ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム)を配合したデザインウォーターです。ミネラルを補給しながら水そのもののおいしさも味わえるため、水分補給用のウォーターサーバーとしてもおすすめできます。

安全性にもこだわりがあり、活性炭フィルター・中空糸膜・ROフィルターの3段階でろ過処理をすることで、1000万分の1mmまでの不純物を除去。水は硬度29.7mg/Lの軟水なので、胃腸が未発達な赤ちゃんのミルク作り用としても安心して使えます。

  • 友人の家で使っていて良さそうだったので契約しました。水分補給や料理など幅広く活用していけそうです
  • まろやかでおいしい水が飲めるので、子どもも自分で水を飲むようになりました
  • すぐにお湯が出るので赤ちゃんのミルク作りやお茶を淹れるのに便利です

おすすめのウォーターサーバー|比較表

メーカー名 ウォータースタンド
プレミアムウォーター
フレシャス
アクアクララ
実質月額【24L】
(水+サーバー)
約2,206円~(小数点以下四捨五入)
3,974円~
(3年契約プラン)
4,158円~
3,908円~
(あんしんサポート料含む)
月額電気代の目安
0円~
(ナノシリーズ メイトの場合)
約500円~
(スリムサーバーIII ロングタイプの場合)
約330円~
(dewoの場合)
約475円~
(AQUA WITHの場合)
水の種類 水道水(浄水/RO水) 天然水 天然水 RO水(ミネラル添加)
デザイン
使いやすさ
公式

意外と危ない「かくれ脱水」のまとめ

  • 冬は空気が乾燥しているため、皮膚や粘膜、呼気から水分が失われやすく、汗をかかなくても「かくれ脱水」になる恐れがある
  • 冬は体感温度が低いため夏よりものどの渇きを感じにくいことから、水分補給が十分にできていないことが多い
  • ウォーターサーバーを導入して小まめな水分補給を習慣にすれば、冬の脱水症状の予防になる
【参照元】
熱中症環境保健マニュアル|環境省
防ごう!! 守ろう!! 高齢者の脱水|一般社団法人全国訪問看護事業協会
「冬のジンワリ脱水」が起こる理由①外的環境|かくれ脱水JOURNAL
塩分と脱水 ~経口補水液の作り方~ | 社会福祉法人 恩賜財団 済生会
冬でも注意「冬の脱水症状」 | 今月の健康コラム | 一般社団法人 千葉市医師会

※この記事は2020年11月時点の各社公式発表情報を元に作成しています。商品や金額が異なっている場合もございますのでご了承ください。